ペンキを塗るDIYリフォームの手順

ペンキを塗るリフォームはDIYの基本ということができ、特に水性ペンキであれば初心者にもお勧めできます。

まずは下準備として壁面の汚れを落とします。カビはカビ取り剤で落とします。そのあとで水洗いをしましょう。でこぼこした壁面にはシーラーを下塗りします。

ペンキを塗る際に大切なのが養生をすることで、マスキングテープを使います。床や扉など広い部分の養生にはロールマスキングテープを使います。

ペンキを実際に塗る際にはかき混ぜて均一にしてから、ローラートレイに入れます。そこで細かい刷毛に塗料を含ませ、隅から間隔をあけて塗っていきます。それが乾かないうちに村に注意しながら伸ばします。広い面はローラーバケを使ってWを描くように塗り、そこからローラーで伸ばしていきます。

全体を塗り終えたら乾く前に養生を外し、しっかり乾燥させて完成です。

使い終わった道具は水を張ったバケツに一晩漬けておいて、そのあとに中性洗剤を使って洗うようにしましょう。