リフォームは屋根が一番先に必要!?

「リフォーム」というと、傷らだけのフローリングの張替えリフォームがなにより先に必要だと思っていたのですが、しかしそうではないのですよね。なによりも先にリフォームしなくてはならない部分と言えば、屋根だそうです。
住んでいる場所が海に近い横浜という時点で屋根外壁のリフォームは絶対に必須だと思っていたんですが、まだまだ何十年と先の話かと思いましたよ。

というのも先日、新築から10年をむかえたわが家のメンテナンスチェックをしに、ハウスメーカーの方が派遣した建設会社の方がきたわけです。それでわが家のチェックをしてくれたのですが、リフォームは意外と「見えていない部分」に必要なようなのですよね。

例えばわが家はまずは「屋根」ですね。そして外壁に関しては、窓と外壁とのつなぎ目部分も割れが出てきているとのことでした。今後10年20年と住むのならば、リフォームをしておいた方が長く住むことができるということで。

そして私が必要に感じていたフローリングや壁に関しては、「家を長持ちさせる」ということにおいては、それほどリフォームの必要はないようなのです。心理的な問題で傷だらけでも、家をますます劣化させていくことはないそうですから。

けれども屋根とか外壁といったように、家の外側に関してはこまめにリフォームをしておくことで、家が長持ちするということで。実際に外壁リフォームに取りかかるかはまだ決めかねていますし、あと2〜3年後でも良いような感じでしたので先延ばしにするつもりですが、けれども10年目のメンテナンスで大いに知識を得た感じです。