住宅ローンのポイントはボーナス払いを避けること

住宅を購入する時にはほとんどの人がローンを組みます。一番気をつけたいのは、何とかなるという甘い判断でローンを組んでしまうことです。
住宅ローンの借り換えも検討に入れておくべきですね。
特に今なんかはマイナス金利で低金利とよく聞きますよね。
住宅ローンの借り換えはマイナス金利のおかげで今まで負担していた金利分が安くなるわけですから、もしローンを組む場合には借り換えという単語は頭の中に入れておくべきです。

住宅ローンは毎月決まった日に口座から自動引落しされますが、もし残高が不足していると延滞になります。例えすぐに支払ったとしても、延滞の記録は残るのです。ほんの些細な手違いであっても、延滞が2度3度と続くとそれが記録に残って、他のローンを組むときに審査が通らなくなるのです。

ですから住宅ローンを組む時は、毎月の支払いが確実に実行できる予算を組む必要があります。また口座残高が足らなくなることのないように気をつけることが大事です。ローンを組む時に毎月の支払いが無理なので、ボーナス併用払いを選択する人がいますが、これも要注意です。ボーナスというのは会社の景気に左右されやすく、思ったりよ少ないことがあります。

そうなるとボーナス月の支払が難しくなってしまいます。勘違いで多いのが、ボーナス月は普段の月よりも少し多めに支払えばいいのだと思っている人が多いことです。実際にはボーナス月に支払う金額は、通常の毎月の返済額にボーナス支払額をプラスしたものになるのです。

例えば毎月7万円の支払いで、ボーナス払いが10万円の場合です。ボーナス月の支払は合計の17万円になるのです。この点を勘違いしないことです。できればボーナス払いをしないですむような資金計画を立てることが大切です。