リフォームとしてのペイント

自分で簡単にできるリフォームの方法のひとつがペイントです。自分の好きなイメージで部屋の中を塗り替えることによって、様子を大きく変更することができます。
前にお風呂のリフォームをした時に浴室内の壁をペイントできるように変えたのがきっかけで、部屋の塗り替えを知ったんですよ。

まずは部屋の掃除から取り組みましょう。小さな埃が残っているだけでそこから塗料がはがれてしまうこともあるためです。そして、ペイントを始める前にはビニールシートや新聞紙を敷くことで床が汚れることを防ぐことができます。

ペイントの前には下地をつくります。穴を平らに慣らしたり、もとの色を剥離剤で落としたり、塗料の余計な染み込みを防ぐために下地材を塗ったり、という作業です。

ペイントの際は刷毛を一通り揃えておくといいでしょう。柱はローラー刷毛で、細い桟は細筆で、といった具合です。はみ出さないように、塗る面の隣にはあらかじめマスキングテープを貼るようにしておきましょう。壁や天井は乾いたところで二度塗りするようにします。広い面はローラー刷毛で薄く二度塗りするようにし、はみ出ている部分や凸凹を細筆で修正して完了です。